集団授業の特徴

塾は、大きく二つに分けることができます。 7人~30人ほどの大人数で一緒に授業を受ける「集団塾」と1対1~1対3くらい受ける「個別塾」です。 それぞれに特徴があり、子どもによってメリット・デメリットになり得ます。 これは、小学生だけに当てはまるわけではなく、どの年齢でもいえるところがあります。 集団の特徴として、料金が安い点があります。 様々な塾があり、値段の基準も違うので、同じ塾の個別に比べてということです。

さらに塾講師のレベルでも同じことが言えます。集団の方が高い技能を要するので、同じ塾内で個別に比べると、レベルの高い授業になります。 デメリットになり得るのが、時間やカリキュラムがあらかじめ決められており、講師のペースで進められる点です。 集団塾の大半が、学力別にクラスを分けています。ある程度高い学力の子どもたちが、競い合い互いに伸ばすことができればよい結果になります。 しかし子どもによっては、分からないところを質問できなかったり、休んでついていけなくなるケースもあります。

小学生の場合は、講師のほうから気づいてあげなくては務まりません。それぞれ個性があり、未熟なのですから。 また、集団で一度騒ぎ出すとなかなか止められないのが小学生です。集中力もまだあまり持続できません。 気持ちを引き付け、飽きさせないメリハリのある授業を講師は求められます。



<外部リンク>
塾講師としての働き方に関してまとめられています ⇒ 塾講師 働き方